ブログ
政太郎が行く

« 2007年7月 | Blog Top | 2007年9月 »

2007年8月 ARCHIVE

2007年8月 2日

熱い

昨日一週間ぶりに上海へ戻ると、熱い!
運転手に今日はむちゃくちゃ暑いねぇと聞くと、「老板、今日は38度だからまあまあで、一昨日は41度でしたよ。」 
ここのところ、最高気温41度や38度、最低気温が28度くらいの毎日で今後もしばらく続きそうです。
(涼しい北海道と雲仙が懐かしい!)
上海の場合、屋外での労働、建築現場や造船所などでは37度以上で一部休業、38度以上で半日休業といったルールがあります。
よって、こちらの気象台は、実際の気温よりちょっと低めに報告するというウワサも?
それにしても暑いので涼しい大連OFCに避難しようかな。

8月の走り-0km    FLT-1回   休肝日-1日

2007年8月20日

バリ島

今朝、4泊5日のバリ島旅行から上海へ戻りました。
今回は特にハプニングもなく無難な13人のツアーでした。
以外だったのは、昼間の日光は暑いとしても、日陰は涼しく湿気もなく大変快適だったこと。
夜なんかエアコンなしで十分、ちょっと肌寒いくらいでした。
ガイドさん曰く、7月‐9月は今が冬季の奥大利亜から涼しい風が吹くからだそうです。
同じインドネシアでも、島によって状況が違うようですが、バリ島はいい感じです。
とにかくゆっくりしていて急ぎません。
今度は大きなホテルではなく、絶景の断崖絶壁、または森の中にある小さなビラで一人ゆっくりしようと
密かに決心した次第です。
写真は整理中なので次回添付します。

2007年8月16日

いい感じ

昨晩の修羅場をどうにか過ごし上海に無事到着。
体調はまずまず。
とりあえず北京&大連のスタッフ達と合流し、空港のレストランで始めました。
昨晩の続きで普段はあまり飲まない冷酒5合とビールでざっくばらんな会話が始まり先行き楽しそう。
そろそろ搭乗です、請うご期待、バリ島でのハプニング?

2007年8月15日

10万ポイント

ANAのマイレージが10万ポイントに達し、来年のダイヤモンド会員サービスもゲットしました。
通常は年間120回か10万マイルの搭乗が条件になりますが、今年はボーナスマイルが付いたので去年より4ヶ月も早い取得です。
国内外主要空港のラウンジが使えるとか、専用のチェックインカウンターがあるとか、アップグレードの権利をもらえるなどのサービスはいいとして、空席待ちの場合、100%に近い確率で席をゲットできるのは非常に助かりますね。
ところで、これまでANAしか利用していませんでしたが、成田空港のJALラウンジが新装開店となり普通のレストランと同等のサービスを開始したとのことです。
要は普通のレストランで無料の飲み食べ放題ってことなのです。
無料というか、高い航空券代を払った分の元を取るだけ食える訳もないし、しっかり吸収したカロリーを消費するほうに費用がかかること間違いないのですが、なんか興味あるなあ。

2007年8月12日

600cc

banamayo太太お勧めのビリーズブートキャンプに入隊しました。
聞いてはいましたが、まじめにやったら大汗ですね。(ベルト使用)
10km走るよりきついこと間違いなし。
やったあと体重を量ったら0.6kg減っていました。
これを2週間続けてやれるなら、3~5kg痩せられるかもしれませんね。

2007年8月 7日

手抜きシリーズ

愛迪生
愛因斯担
貝多芬
莎士比亜
卓別林
拿破侖
林肯
布什
普京
貝克漢姆

世界の新旧有名人です。
結構むずかしいでしょう?

2007年8月 6日

国名です

伊朗 
美国 
奥大利亜 
加納 
新加波 
瑞士 
瑞典 
西班牙 
土耳其 
阿根庭

いくつ判りますか?

2007年8月 5日

可口可楽

中国語にはカタカナ&ひらがなの類がなく、当然ですが全て漢字で表記します。
問題なのは外来語。
意味と発音をうまく合わせた「当て字」を考えるわけです。
可口可楽(クコウクラァ)=コカ・コーラ、百事可楽(パイスクラァ)=ペプシ・コーラ、麦当労(マイタンラオ)=マクドナルド、肯徳基(クンターチー)=ケンタッキー、三得利(サンドゥリー)=サントリー、格力高(グゥリーガォ)=グリコ、となります。
ちなみに、当社マスノは麦斯諾(マイスゥノウ)です。

出だし好調

8月5日朝現在、走り‐20km、FLT‐1回、休肝日‐2日です。
年初の目標、毎月走り‐100km、FLT‐10回以下、休肝日‐5日をなかなか達成できずにいましたが、
今月は出だし好調なのでなんとかものしにしたいところ。
8月の頑張り次第が11月の上海東レ馬拉松のフルを4時間ほどで完走できるか、それもプッツンするか?
仕事のほうでは11桁の案件が進行中ゆえ、プッツンするわけにもいかず、とにかく走り続けることに。

2007年8月 2日

妻、愛人、太太、老婆

妻、愛人、太太、老婆、どんな関係?
妻も愛人もだんだん太くなって老婆になった?
ではありません。
中国ではすべて「奥様」のことで、悪い意味もありません。
他人に対して、自分の妻のことを言う時、我的老婆(ラオポー)、我的愛人(アイレン)
他人に対して、他人の奥様のことを言う時、某氏的太太(タイタイ)
と言うのが一般的です。
「太」というのは太っているの意味ではなく、英語なら「Very」という感じです。
2つ重ねて超素晴らしいご婦人だということで、よいしょよいしょ。(世の中どこでも同じですね)
老婆は「家内」と同じで謙遜の意味合いでしょうか。
日本で言う愛人の意味なら「小老婆」となります。
ご参考まで。

2007年8月15日

1兆5千億円vs2千5百億円+おまけ

今晩の宴会は久々に凄かった。
相手方は日本円に換算すると1兆5千億円ですが、現実の物価による貨幣価値で言えば少なくとも6兆円超の企業。
対する日本側は成長著しい2千5百億円の企業。
おまけが弊社の数十億.........ううん、やっとこさ再来期から100億円。
先方は北京に鎮座される総裁をはじめ主な省のTOPが総勢10人。
お一人だけでも実質2千億円を切り盛りする老板(ボス)ばかり。
港区芝公園の料亭で粛々と始まった懐石宴会でしたが10分後には、ビール、冷酒、熱燗、焼酎のボトルと徳利が乱れ飛ぶ「飲み会」に化してしまいました。
正直言ってかなり、いや超偉い方ばかりですが、やる時ゃやるんですね~。
よぉ~し、明日からの社員旅行で頑張るぞぉ~!

2007年8月 9日

8月8日

2008年8月8日午後8時に開催される北京奥林匹克までちょうど1年となる昨夜、北京天安門広場を中心に1年前のカウントダウン式典が盛大におこなわれました。
運営に携わる人、参加する人、観る人、使われる費用、すべて過去を上回る大会になるそうです。
清濁混在しながら物凄い勢いで経済成長している国ですから、いろいろ問題も発生することでしょうが
それもまた楽しみです。(どんなことで驚かせてくれるんだろう?)
いずれにしても、世界が注目するスポーツの祭典で中国のソフトがどれだけよくなるのか楽しみです。

2007年8月 7日

引っ越し

今日、上海事務所ビルのエレベーターの中で階数のボタンを見ていて、ふと思い出しました。
最初は15階で、次が19階、それから23階、17階、そして現在の21階。
そうです、同じビルの中を仕事の状況や人員に合わせて4回も引っ越しました。
僕はノートパソコンを抱えてちがう階へ移動するだけですが、スタッフ達は大変だったことでしょう?


ちなみに、僕個人の引っ越し歴は、
19歳で一回目、長崎の実家から-東京練馬-町田-代々木八幡-中野新橋-台湾基隆市-杉並和田-中野富士見町-中野坂上-福岡鳥飼-中野坂上-新中野(現在)となります。
約29年間に11度の引っ越しです。(追加、上海の10年間で5度の引っ越しもありました。)
さて、次はどうなることでしょうね?